若返り・たるみ取り TOP > シンシアのウルセラ・ウルセラピー

シンシアのウルセラ・ウルセラピー

ウルスラ(Ulthera)はこのような方におススメ!

フェイスリフトやヒアルロン酸・BOTOXなど手術や注射はどうしても怖い

ウルセラは皮膚表面から超音波をあてるだけの施術です。現代医療の最先端技術を駆使してコラーゲンの緩みや減少に直接働きかけたるみを改善します。

年齢とともに頬がこけてきた気がする

顔面はSMASや骨~筋肉~皮膚をつなぐリテイニングリガメントの存在によって均一に衰えず、顔の中心部がへこみ、フェイスラインが膨らむなど特徴的な加齢顔になってきます。
リテイニングリガメントを考慮しながらSMASを引き上げていくことにより頬のこけ、凹凸感を改善していくとともにフェイスラインを引き締め若々しい顔にしていきます。

何回も通わずに一回の治療でできるだけ長い効果の治療が良い

ウルセラ(Ulthera)の治療回数は1回です。
短い間に何度も繰り返す必要はありません。直後のコラーゲン引き締めによる効果と長期的な創傷治癒によるコラーゲン増大の効果により個人差はありますが半年から1年程度の効果が期待できます。

ダウンタイムがない治療じゃないと受けられない

ウルセラ(Ulthera)は基本的にノーダウンタイムの治療です。
ジェネシスやタイタン、サーマクールと同様に直後からメイクをしてふつうの生活を送ることが可能です。

FOREVER YOUNG!!フェイスリフトもヒアルロン酸もボトックスも、美容皮膚科治療も!!とにかく現在の最高の治療を駆使して誰よりも若い最高の自分で居続けたい

フェイスリフトなどの美容外科治療やヒアルロン酸などの注入治療はとても有効ではありますがやり過ぎると不自然さの原因にもつながります。
適度な美容外科治療と継続的な美容皮膚科治療のミックスが最高の若さを手に入れる鍵です。
たるみ治療としてウルセラ(Ulthera)は現代最高と考えて間違いありません。

ウルセラ(ulthera)とは

医療の現場において超音波は診断用の手段として使われてきました。
しかしながら近年になって超音波のエネルギーを治療に応用することが可能になっています。
美容においてその超音波のエネルギーを脂肪の分解に利用しているのが最先端のボディメイキング治療ベイザー(VASER)です。しかしこれらの治療は直接その組織に接した状態で行われることで効果が発生するというものでした。

さらにこの超音波を、より強力にし、かつ虫眼鏡のように凹面のレンズから一定距離のある一点に集中させることができるようになりました。
その焦点部分の温度は現在90度以上まで上昇させることができるのです。これが、高密度焦点式超音波(high-intensity focused ultrasound:HIFU)です。(ウルセラでは効果と安全のため75度程度に調整されています)HIFUでは焦点から外れた部位では超音波密度が低いので、焦点領域以外の組織には熱による損傷がほとんど見られません。一方狙ったポイントにおいて発生する75℃はタンパク質であるコラーゲン線維が瞬間的に変質し収縮してしまう温度なのです。


ウルセラ(Ulthera)を豚肉に照射したところです。
点状にたんぱく質の凝固変性が見られ引き締まっているのがわかります。
この実験では筋肉組織のタンパク質に対する凝固ですが、SMASの凝固も同様に行われます。(むしろ筋層よりも浅い部分にあるので確実に凝固しやすい)
ウルセラが画期的なのは表面からの照射だけでこれができるようになったということです。


ミニフェイスリフトをしているところです。(外国のクリニック)
耳の前を切開してスマス(SMAS)を露出し電気メスで熱を加えています。
すると点で熱を加えているにもかかわらずその部分に向けてSMASが大きく収縮してい­るのがわかります。これがウルセラで行われるSMASの熱収縮です。
この動画に関する院長のブログはコチラ


ウルセラは高密度焦点式超音波(high-intensity focused ultrasound:HIFU)の焦点を結ぶようにライン上に正確に照射します。
この線を面となるように構成していくことで狙った領域のたるみを即時的に引き上げていく。これがウルセラ(Ulthera)による引き上げ治療です。

一方狙ったポイントにおいて発生する75℃はタンパク質であるコラーゲン線維が瞬間的に変質し収縮してしまう温度なのです。

ウルセラリフトの直後は、超音波エネルギーの熱によって、皮膚内のコラーゲンの一部が熱変性を起こし収縮します。(即時的な引き締め効果)
その後、時間の経過とともに創傷治癒反応がおこることによって、もともと存在していたよりも大量のコラーゲンが再生成されるようになるため、さらなるリフトアップ効果が長期的に得られます。
その効果はおよそ1年にわたるといわれています。


ウルセラ(Ulthera)の治療画面です。ウルセラ(Ulthera)はリアルタイムに診断的超音波画面が表示されています。
この画面においては、皮膚の厚さ・脂肪組織の厚さ・筋層(SMAS)の位置・骨の存在などがリアルタイムに確認可能となります。
また照射を行ったときにもその変化をリアルタイムに確認することができるのです。
このことによりウルセラ(Ulthera)は安全かつ精度の高いたるみ治療が実現しています。

▲TOPへ戻る


ウルセラの安全性とFDAの認可について

ウルセラは2004年にアメリカで開発されました。ウルセラの開発者はもともと肝臓腫瘍の画像診断と除去治療を同時に行える医療器械(HIFU)の開発を行っていました。その後、ウルセラ(Ulthera)の開発段階よりハーバードメディカルスクール、マサチューセッツ総合病院などをはじめ、アメリカにある数々の医療研究機関で数万件に及ぶ臨床実験を繰り返し、有効性や安全性を立証しました。
こうして誕生したのが、「超音波によるリフトアップ治療」を可能としたウルセラです。

アメリカにおいてはFDA(日本の厚生労働省にあたる機関。世界の医療行為に関する許認可の頂点です)がまずウルセラの眉毛のリフトアップ効果に対する承認を行い、さらに2012年にはウルセラ(Ulthera)の首とあご下のたるみ治療の効果に対する承認を行いました。
このことは手術以外のたるみ治療として唯一ウルセラ(Ulthera)がその効果と安全性を認められたということなのです。

またウルセラ(Ulthera)は神経や血管なども多い深さ4.5mmのSMAS層もターゲットとしているため、解剖を熟知した医師の施術が必要となります。
シンシアでは日ごろから剥離範囲が大きく高度なSMASおよびリテイニングリガメントの処理を伴うフェイスリフトを行っている院長だけが施術を担当するので安全性と効果がより高められています。

▲TOPへ戻る

ウルセラの深さについて

ウルセラ(Ulthera)の照射カートリッジの焦点の深さは3種類に分けられます。
4.5mmと3.0mmおよび1.5mmです。
4.5mmと3.0mmはいわゆるウルセラ(Ulthera)の治療の根本となる深さです。目標とされる層は基本的にSMASです。


4.5mm

4.5mmはSMASが深い位置にある部位、皮膚・脂肪の厚い部位に用いられます。
たとえば頬・フェイスライン・首・あご下などです。
骨が浅い所にある部位の場合反射などによって焦点部位が予想できなくなるのでおでこやこめかみなどは適応外となります。


3.0mm

3.0mmのターゲットは真皮の深い部分からSMASにかけての深さです。
頬や首・あご下などのSMAS自体の厚みがあり引き上げるのに強力な力が必要な部位に関しては4.5mmの照射に引き続き3.0mmを重ねて照射することで強力な引き締めを行い効果を高めることができます。
また4.5mmが適さない額・こめかみなどは3.0mmが一番適しています。


1.5mm

1.5mmの目標組織は真皮となります。
この深さは神経などの重要な組織が少ないので理論上すべての部分に照射が可能です。
ウルセラ(Ulthera)は真皮における引き締め効果も絶大ではありますがコストの点で同じ目標を引き締めるタイタンやサーマクールの方が現実的です。
ただし眼の下など皮膚の薄い部分や小ジワに対する治療に向いています。繊細なハンドリングを必要とする部位の照射が多いので基本的にヘッドが小さく小回りのきくナロータイプを使用します。

▲TOPへ戻る


ウルセラのSHOT数とプロトコールについて

ウルセラにはアメリカで数万件に及ぶ(アジア系アメリカ人も含めて)臨床試験によってゴールドスタンダードともいうべきプロトコールが完成しています。
シンシアではこのプロトコールのショット数を忠実に守り最大限の効果を出すようにしています。
ウルセラは基本的な出力は決まっていますのでショット数が少ないと効果が減少しますので注意が必要です。

4.5㎜の深さのカートリッジを使う部位です。
○頬は片側65ショット両頬で130ショット
○首・アゴ下は50ショットとなります。


3.0㎜の深さのカートリッジを使う部位です。
○眉毛の上 【片側】10ショット【両側】20ショット
○目じり~コメカミ 【片側】10ショット【両側】20ショット
○目の下 【片側】9ショット【両側】18ショット
○頬 【片側】40ショット【両側】80ショット
○首・アゴ下 50ショット


基本治療としては4.5㎜と3.0㎜の組み合わせになるので

①眉毛の上 20ショット(3㎜)
②目じり~コメカミ 20ショット(3㎜)
③目の下 18ショット(3㎜)
④頬 210ショット(4.5㎜130ショット+3.0㎜80ショット)
⑤首・アゴ下 100ショット(4.5㎜50ショット+3.0㎜50ショット)

顔①+②+③+④ 268ショット
顔+首・アゴ下 368ショット
となります。

またオプションで1.5㎜のカートリッジの使用が可能です。

基本プロトコールは図のようになりますが口の周りの小ジワや額の小じわなどにも対応が可能になります。

※1.5㎜、3.0㎜、4.5㎜にかかわらず40ショット単位でオプション追加が可能です。

▲TOPへ戻る


ウルセラの痛みについて

ウルセラはSMAS層に強い熱を発生させるため、神経に近接した部位などにおいては痛みとして感じることもあります。
院長が実際に施術を受けた感想としては、
○鍼治療みたい
○部位によっては歯科治療に似てる
といった感じでしたが麻酔も何も必要なく途中からは慣れて寝てしまうほどでした。
しかしながら痛みに関しては個人差が強く対策が必要な場合もあります。
その対策として
○笑気麻酔(オプション)
○非麻薬性オピオイド鎮痛薬筋肉注射 (オプション)
○麻薬性オピオイド鎮痛薬筋肉注射(オプション)
○静脈麻酔による完全鎮静・完全鎮痛(オプション)
が可能です。
シンシアは日常的に外科手術を行い、外科発想で美容皮膚科も行うクリニックなので、痛みを軽減あるいは除去することにおいて非常に精通しているクリニックです。

なお1.5mmのカートリッジを使う場合には表面麻酔が一定の効果を表します。
(3.0mm 4.5mmでは深すぎて意味がありません)

※逆に決してやってはいけない痛み対策があります。
それはクーリングです。
ウルセラは体温(SMASあたりは32℃くらい)を一瞬で75℃に上昇させることで効果を発揮する治療機です。
照射前にクーリングしてSMAS温が20℃になってしまうと治療温度に達しなくなる可能性が高く、全く意味のない治療となってしまいます。
クーリングで痛みをとるクリニックはウルセラ(Ulthera)の本質を全く理解していない可能性がありますのでご注意ください。

▲TOPへ戻る

ウルセラはこのような方におすすめです
  • 手術や注射は怖い
  • ダウンタイムがない治療がいい
  • 一回の治療で長い効果

シンシアのウルセラ治療は不安や負担を最小限にして施術を受けていただけます。

くわしくはこちら
ウルセラに関する
院長ブログはこちら
美容外科・美容皮膚科・形成外科 シンシア 無料メール相談 カウンセリング予約
  • スプリングスレッドリフト専門サイト
  • お顔のプチ整形
  • 憧れのぱっちり目専門サイト
  • 医療レーザー脱毛専門サイト
  • 医療レーザー脱毛男性専門サイト
  • ヒゲの永久脱毛
  • 自毛植毛
  • 脂肪溶解注射 BNLS
  • 水光注射(ダーマシャイン)
  • 誰もが憧れる魅力的な目元を。
  • 脂肪吸引 ベイザーリボ
  • シンシア フェイスリフト
  • シンシア オフィシャルホームページ
  • LINE @ cynthia
  • 銀座本院スタッフブログ
  • 渋谷院スタッフブログ
  • 銀座本院 Instagram
  • 渋谷院 Instagram
ページ上部へ戻る